作家紹介 西宮市を拠点に活動する作家、作品をご覧いただけます。

エミール・アントワーヌ・ブールデル(Emile Antoine Bourdelle)

 

作品一覧

風の中のベートーベン(鋳造番号No.6)

経歴

1861年 南フランスのモントーバンで生まれる。
家計を助けるため13歳で学校を辞めて家具職人である父のもとで働く。
1876年 才能を認められトゥールーズ市立美術学校に入学。
1884年 パリの国立美術学校の奨学生となったが、2年で退学し独自の道を歩む。
1888年 ベートーベンの音楽に出会い、最初のベートーベン像を作成。その後生涯にわたり45点の「ベートーベン・シリーズ」を制作する。「音楽と彫刻、それは同じものだ。彫刻家は量塊をもって造形し、音楽家は音調をもって作曲する」。1893年
1909年 代表作「弓を引くヘラクレス」をサロンに出品、好評を得る。
ロダンとロダン学院を設立。後進の指導にも力を入れ、アルベール・ジャコメッティやジェルメーヌ・リシエなどの彫刻家を排出する。
1924年 レジオンドヌール勲章受賞。
1929年 パリ近郊のル・ヴェジネで逝去。68歳。

ページの先頭へ戻る